きー坊の審査のことが良くわかるキャッシング講座
トップページ > キャッシングの審査と融資 > お試し診断と自動審査の役割

『お試し診断』と『自動審査』の違い

今すぐ借りたい人はココ

2014年現在、大手消費者金融と呼ばれている業者の公開データによると、ほとんどの会社が新規顧客に対する貸付や既存顧客に対する貸付残高を徐々にではありますが増やしています。
その一方で、店舗や自動契約機などは少しづつ減ってきているんです。

これ、どういうことかというと、インターネットなどを経由しての申し込みが急増しているということなんです。インターネットでも『お試し診断』とか『自動審査』ってよく見かけるのではないかと思いますが、この二つってどう違うのでしょうか。

ここでは、インターネット経由での審査について詳しく紹介したいと思います。

お試し診断の真実

お金を借りたいと思ったとき、なるべく条件のいい業者で借りたいと考えるのではないかと思います。「審査に落ちる理由を考えてみた」でも詳しく書いていますが、あちこちで申し込みをするのは危険です。そこで便利なサービスが『お試し診断』です。

少ない入力項目で簡単に診断してくれるスグレモノです。入力された情報を元に自社の属性モデルに照らし合わせて、融資が可能か、また可能であれば、どのくらいの金額まで大丈夫か瞬時に診断してくれます。しかも、信用情報機関に履歴が残ることもないので、「申込ブラックってなに?」で説明しているような審査上での心配もありません。

入力項目が少ないので目安程度の診断にはなりますし、そもそもこのサービスを実施していない業者もあるのですが、自分にとって条件のいい業者を探すにはいいサービスです。

自動審査について

大手消費者金融などでは、インターネットで自動審査を実施している会社が結構あります。先ほど紹介した『お試し診断』とは違い、一応、ちゃんとした審査です。

気になる審査の具体的な方法」でも説明していますが、属性モデルと言われる、今までに利用してきた人たちの膨大なデータをグループ化したものに照らし合わせたり、審査項目についてスコアリング化して評価したものを参考にして審査が行われるようです。

融資できるかどうかや限度額について素早く決定されるのですが、インターネット経由の自動審査の位置づけは仮審査なんです・・・。

業者によって位置づけは違うようですが、入力項目が多いほど本審査に近いと言えるようです。 自動審査は本審査までの流れをスムーズにして融資までの実質的なスピードアップに貢献しています。

審査時間ってどれくらい?

即日でキャッシングを考えている場合、審査時間って結構重要になってきます。

いよくネットで見かけるスピード審査って、自動審査の部類なので本審査も含めた時間で考える必要があるんです。

自動審査を実施している会社は本審査自体も早い傾向にあるようです。もちろん、会社によって違いはあるでしょうが、早いと30分くらいで結果がでるところもあります。

即日キャッシングに対応しているほとんどの業者が、午前中に申し込みをスタートできれば、その日うちに融資を受けることも可能なようです。

今すぐ借りたい人は必見!

今すぐ借りたい人のためのおすすめキャッシング業者