きー坊の審査のことが良くわかるキャッシング講座
トップページ > キャッシングの審査と融資 > フリーランスと消費者金融

フリーランスの審査でもやっぱり強い味方

今すぐ借りたい人はココ

会社や組織に属することなく個人の才能や高いスキル、また努力などで活躍するフリーランスは、サラリーマンのように会社の一員でいるよりは、やり甲斐のある魅力的な職業のひとつではないかと思います。

ただ、収入的には会社員のように安定しているわけではありません・・・。こなした仕事の分だけ身入りがある一方で突発的な資金不足などもあり得ます。フリーランスは、自立した憧れの職業ではありますが、万が一の備えも大切になってきます。

フリーランス審査の実態

消費者金融などのキャッシング業者は、安定した収入がある人に積極的に融資を行う傾向にあります。なので、会社員や公務員など収入が安定している人は審査に通りやすくなります。ただ、だからといってフリーランスが審査に通らないわけではありません。

会社員などとでは、審査のステップが若干異なります。会社員の場合、在籍確認も電話だけで済むことが多いのですが、フリーランスの場合、そもそも会社や組織に属してないので在籍確認をとることができません。そのために事務所や活動の拠点が申告の住所にあるかどうかホームページを確認したり、納税証明や確定申告の控えなどの提出を求めたりして審査を行うことになります。もし、フリーランスとして会社に所属していたり、チームで活動しているようなら在籍確認は簡単になるので審査はスムーズになります。

基本的にはフリーランスの場合、ちょっと手続きに時間がかかる傾向にあります。審査自体は、本人の収入や既存の借り入れなどの属性をみて総合的に判断されることになるのですが、審査に必要な書類が多くなるので、これも注意しておくポイントです。

こうしたことから、フリーランスが消費者金融に申し込みをする場合、利用者の圧倒的に多い大手のほうが有利です。中小の消費者金融のほうがもしかしたら審査が甘いかも?と思うかもしれませんが、融資実績があまりないので審査のハードルはかえって高くなります。

あと注意したいのが、最近のキャッシングは即日融資なども一般的になり融資スピードがあがっていますが、フリーランスの場合は若干時間がかかるので少し余裕をもって申し込みしたほうがいいと思います。

また今後のことを考えると、できれば早めに屋号を決めて屋号名義の口座を作って実績を重ねることをおすすめします。

>>フリーランスがまず申し込みすべき業者はココ!<<

今すぐ借りたい人は必見!

今すぐ借りたい人のためのおすすめキャッシング業者