きー坊の審査のことが良くわかるキャッシング講座
トップページ > キャッシングの審査と融資 > 銀行系カードローンと大手の消費者金融は審査の仕方が違う?

両者の審査の違いはなに?

今すぐ借りたい人はココ

お金を借りるなら消費者金融よりも銀行カードローンがいいと言う人が多いですが、実際、両者の差はどんな感じなんでしょうか?お金を借りるなら金利面や安心感から、消費者金融よりも銀行カードローンで借りたいと考えている人もいると思います。よくテレビのCMやネット広告では両者とも見かけますね。ネット上では銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査のハードルは低いと言われていますが、実際のところどうなんでしょうか?審査の方法や仕方などに違いはあるんでしょうか?このページでは両者の違いについて考えたいと思います。

違いは審査時間にある?

実は銀行カードローンと消費者金融では融資において決定的に違うことがあります。それは、現金を手にするまでの時間です。最近では銀行カードローンも審査のスピードはかなりあがっていて、即日審査はもちろんのこと、なかには30分で審査が完了する銀行もあります。でも、実は急いでお金を借りたいならこれだけでは不十分なんですね。審査に通ったということはお金を借りれるのがわかったということに過ぎないんです。そのあとに契約をして現金を手にする必要があります。ここまでの時間を考えると消費者金融は圧倒的に早いんです。業者によっても違いますが、振込融資まで最短で1時間ほどで完了してしまう業者もあります。

なぜ審査時間が違うのか?

ちょっと驚くかもしれませんが、銀行カードローンの審査は、ほとんどが消費者金融が行っています。どういうことかというと、実際に審査を行っているのは業務提携している保証会社なのですが、この保証会社をアコムやプロミスといった大手の消費者金融が担当していることが多いんです。つまり、消費者金融のノウハウで融資がされているということです。もちろん審査基準はそれぞれの銀行に合わせられているとは思います。例えば、銀行カードローンでは独身者よりも家族持ちの評価が高いといった感じです。いずれにしても、審査結果は保証会社経由で申込み者に伝えられることになります。なので自社で審査をしている会社と比較すると契約完了までの時間がかかっても不思議ではありません。

実は必要書類にも違いが?!

元々銀行では個人への無担保融資の実績ほそれほどありませんでした。利用者からすると審査基準が厳しくてなかなか借りることができなかったんです。なので現在の銀行カードローンは、ほぼ消費者金融のノウハウで運営されていると言っていいと思うので比較的借りやすくはなっていますが、提出する書類に関しては少しハードルが高いようです。収入証明などの書類は必須だと思ったほうがよさそうです。また自営業などの場合は、偽造や改ざんができない役所の収入証明が求められるようです。

急いで借りたい人は

銀行カードローンのメリットはなんと言っても安い金利設定と安心感があげられます。長期的に借りるなら銀行カードローンだと思います。ただ、審査時間を考えると、ちょっと不利だと言わざるを得ません。実際に急いでお金を借りたい人は申込みから現金を手にするまでのトータルの時間にこだわるべきだからです。やはり、その日のうちに借りたいような急いでいる人は、大手の消費者金融がベストかもしれません。

今すぐ借りたい人は必見!

今すぐ借りたい人のためのおすすめキャッシング業者