きー坊の審査のことが良くわかるキャッシング講座
トップページ > キャッシングの申し込み > 運転免許証だけでキャッシングできる?

運転免許証だけでいいの?

今すぐ借りたい人はココ

キャッシングの申込みをするときの必要書類って運転免許証だけで大丈夫なんでしょうか?実は、ほとんどの消費者金融では希望する限度額が50万円未満のような小口の場合、本人確認書類だけで借りることができます。つまり、運転免許証だけでキャッシングすることができちゃいます。あ、審査に通ることが前提なので、提示する書類が免許証だけでも大丈夫という意味ですが(笑) 注意点として、借入れ希望額が大きいと収入証明などが必要になることがあります。

審査に有利な本人確認書類がある?!

キャッシングの審査では、本人確認書類つまり身分証明書として運転免許証を使うことが多いようです。確かに運転免許証は携帯している確率が高く、顔写真も入っているので不正はしにくいと思われます。ただ、キャッシングの審査ではもっと有利な書類があるんです。それは、公務員などの共済健康保険証やサラリーマンが加入している社会健康保険証や組合健康保険証などです。実はこうした保険証の場合、雇用主は国や地方自治体、民間でも大企業と言われる会社なんですね。業者からすると、安定した収入が見込める代表的な勤務先なんです。審査で大切なのは、どのくらいの返済能力があるかということなのですが、安定と継続性は重要なポイントになります。そういう意味で、こうした勤務先は評価の対象になります。なので上記のような保険証を持ってる人は、運転免許証ではなく保険証を提示しましょう。

国民保険証はどうなの?

逆に国民保険証は自営業者やフリーターなど収入が比較的不安定な人が加入していることが多いんです。フリーターはともかく、自営業者は金銭的に余裕があるのでは?と思われるかもしれませんね。確かにそうかもしれませんが、自営業者の場合は、節税のために収入証明書などの表に出る金額を抑えていたり収入の波があったりして、業者からすると必ずしも優良顧客とは言えないようです。やはり安定しているというのが審査では大切なんです。収入自体はそれほど大きくなくても安定している公務員や大手のサラリーマンは評価が高いようです。

今すぐ借りたい人は必見!

今すぐ借りたい人のためのおすすめキャッシング業者