きー坊の審査のことが良くわかるキャッシング講座
トップページ > キャッシングの申し込み > 申し込みのとき失敗したくない人へ

失敗したくないなら・・・

今すぐ借りたい人はココ

色々と調べて『よし!ここに申し込みするぞ!』と意気込んで申し込みフォームに入力していくうちに手が止まる人が結構います。一番多いのは、書類不足と勤務先などの情報不足です。
入力中に情報不足だと結構イライラするので、あらかじめ用意しておくとスムーズにキャッシングできます。ここでは、申し込みのとき失敗したくない人向けに秘訣を伝授したいと思います。

まずこれだけはチェックしよう!

次の3項目はかなり重要なので確認してください。

・本人確認できる身分証明書はあるか?
・他社からの借入れはあるか?
・勤務先の住所や連絡先は?

キャッシングは保証人や担保は基本的に必要ありません。ちょっと小難しく言えば、信用貸し付けにあたります。個人の信用力でお金を借りるわけですから、どんな人物でどのくらいの返済能力があるのか?を貸金業者は見るわけです。
順番に詳しく説明していきます。

リスト 本人確認できる身分証明書はあるか?
キャッシングする場合、どんな業者でも本人確認できる書類が必要になります。以下のどれか一点は必ず必要になりますので準備しておいてください。
ネットでキャッシングする場合も、これらを写メで送ったり、画像をアップロードしたり、コピーをファックスで送ったりします。
基本的にはどれかひとつあれば身分証明書として効力があります。

・運転免許証
・健康保険証
・住基カード
・パスポート

外国人の場合は有効期限内の外国人登録証で大丈夫です。
注意点として、現住所と証明書類の住所が違う場合は、公共料金や税金などの領収書をセットにするといいようです。

リスト 他社からの借入れはあるか?
貸金業者からの借入れが他にあるかどうかで申し込みのときに必要な書類に大きな差がでます。
ここで、書類不足でキャッシングに失敗するケースが多いようです。一定の条件に達すると収入証明書が必要になります。

それは・・・

まず、はじめてキャッシングを利用しようとしていて希望額が50万円を超えるような場合です。
つぎに他社から借入れがあって今回借りようとしている金額とすでに借りている金額を足すと100万円を超えている場合です。

この二つの場合は、総量規制という法律に基づいて提出が求められるので、ほぼ間違いなく必要です。

特にはじめての利用する人の場合、業者にもよりすが30万円程度であれば収入証明は必要ないことのほうが多いので、本当に50万円以上の金額が必要かどうかよく考えて申し込みしましょう。

リスト 勤務先の住所や連絡先は?
必ず記載しなければいけないものに勤務先の情報があります。
住所や電話番号など記憶していれば、問題ないですが、本社所在地など普段あまり書かないようであらば、調べてメモをしておくとスムーズに申し込みできます。

ここでの注意点は嘘を書かないことです。年収などもそうですが、本審査や融資の段階になると在籍確認はもちろんですが、上記の必要書類のところでも説明しましたが、収入証明が必要になる場合もあります。もし嘘がバレると心象が悪くなるだけでなく、最悪、融資も却下されてしまいます。

業者によっては細かく対応してくれる!

パートやアルバイトであっても収入が安定していれば審査に通過する確率は高いのでキチンと記入するようにしましょう。
業者によっては、在籍確認の方法や時間帯など細かく要望を聞いてくれるところもあります。
審査が心配な場合は「フリーターが借りるなら」にも詳しく説明していますので、どうぞ笑

また、どの業者がいいのかわからない人は当サイトのランキングなどを参考にしてみてください。

今すぐ借りたい人は必見!

今すぐ借りたい人のためのおすすめキャッシング業者